eSportsにおいて最も有名なプレイヤーたち – その人気の理由

​​​​​​eSportsは2000年以来、大きな成長を続けています。この成長は、チーム組織、ブランドや有名人へのファンの共感とその市場の発展の後押しが大きく寄与しています。今やeSportsのチームや選手は、大会の賞金やスポンサーを通じて合計で数千ドルから数百万ドルの報酬を獲得しています。大規模なイベントでは、何千人もの観客が参加し、それをはるかに超える数の人々がインターネットで観戦しており、さらに一部イベントはテレビ放映が始まっています。SportsがCPUやGPUなどの技術で達成可能な限界を超えるに連れ、AMDコンポーネントはこうした重要なトーナメント試合の間、プレーヤーが必要とするクリーンで安定した能力を発揮できるようにする必要があります。

では、世界で活躍し、これらのイベントで競い合っているのはどのようなゲーマーなのでしょうか?​ここではまず、現在もっとも関連性のある2つのeSportsチームを紹介することにしましょう。

​Counter Logic Gaming(CLG)

現在の参加ゲーム:League of Legends™、Halo 5™、Counter-Strike™:Global Offensive、Super Smash Bros™.

CLGは、2010年にLeague of Legends (LoL)のトーナメントに出場するため、George "HotshotGG" GeorgallidisとAlexander "Vodoo" Beutelの二人のプレイヤーによって北米で結成されました。CLGは、League of Legendsの最古参チームの一つであり、2009年/2010年のRiot Gamesによるゲームのリリース時から活躍しています。CLGは2013年以来、プロリーグ「League of Legends Championship Series(LCS)」に出場しており、2015年のSummer Splitで優勝しています。2015年のSummer Splitで優勝することで世界大会「2015 LoL World Championships」の出場権を獲得しましたが、残念ながらグループステージで敗退しました。
 
近年では、Global Offensive、HaloやSuper Smash Brothersのチームも獲得して、マルチゲーミングチームにもなりました。
どのプレイヤーも2016年にむけて準備を整えており、目が離せないチームの一つです。​

SK Gaming

現在の参加ゲーム:League of Legends™、Counter-Strike™:Global Offensive、QuakeLive™、Hearthstone™、FIFA™、World of Warcraft™、Rocket League™.

Schroet Kommando (SK) は、Quakeクランとして1997年にドイツで結成された、最も息の長いeSportsチームの一つです。その数年後の2001年には、素晴らしいQuakeのチームを有していただけでなく、Counter-Strikeのチームとその組織を合併してSK Insiderプロジェクトを発足しました。SK Insiderは、ファンがゲームのリプレイをダウンロードし、好きなプレイヤーの
ようにプレイするための構成を知り、SK Gamingのプレイヤーと一対一で話をすることができる、チームのための有料
プレミアムサービスでした。2003年には、Heaton、f0rest、SpawNなど注目プレイヤーのいるスウェーデンのCounter-Strikeのチームと契約し、ゲーマーとプロ契約する最初のチームの 1つになりました。SKはその時期まさに他とは一線を画した
存在でした。

SKはその後数年間、Quake 4、FIFA、StarCraft 2、Warcraft 3で成功を収めました。その活躍は衰えておらず、また最近LCSから降格したLeague of Legendsのチームを有しています。Spring Seasonの参加チームは既に決まっているため、SK GamingはSummer Seasonの出場権獲得のために再び挑戦します。SKのWorld of Warcraft チームは最近、 Blizzard社の世界大会「Blizzcon World Championships」で勝利しました。​

SKとCLGの次のステップは?​​

2016年が間近に迎え、SK GamingおよびCounter Logic Gamingは 2015年を上回る成績を残すことを目標にしています。SK GamingとCounter Logic Gamingの両チームは、eSportsの他の著名なチームと激しい競争を繰り広げることになり、それぞれナンバー 1の地位を目指します。

SKに関しては、最近残留争いでの敗北により降格したLoLのリーグ、EU LCSへの復帰を目指しています。また、WoWの王者の2016年の戦いぶり、そしてそのタイトルを保持することができるかどうか注目です。SKの活動のすべてはチームの
ホームページ(http://www.sk-gaming.com/)で確認することができます。

CLGは、2015年の間、NA LCSで好成績を残し、ナンバー1に輝きました。2016年のシーズンは、その地位を維持できるかどうか注目です。ほかには、Haloのチームは賞金総額が150万ドルに達している世界大会「World Championship」の出場権の獲得を目指しているため、大変な一年になりそうです。その賞金もクラウドファンディングのおかげでさらに高まる可能性があり、最終的にいくらになるのかは誰もわかりません。CLGの活動のすべてはチームのホームページ(http://www.clgaming.net/​)で確認することができます。

脚注