eSportsチームのマネジメント: 偉大になるために必要なこととは

​​​​​​Philadelphia 76ersがTeam DignitasとApexの過半数の株式を取得したり、NBAのチームオーナーたちがTeam Liquidの支配株主になるなど、eSportsは世界的な最新のブームとなっています。eSportsはベッドルームやガレージ から始まりましたが、競技への世界的な関心が拡がるに従い、数百万の観客が見守るスタジアムで開催されるまでになりました​

AMD and Fnatic eSports Team​しかし、従来のスポーツと同じく、競技チームを勝利へ導くにはしっかりとしたマネジメントが必要です。特に、スポーツの内容が多様性に富み、使用される技術が広範囲に及ぶほどこの傾向が強まります。 従来のスポーツと比べて身体的競争は少ないものの、強力なPCハードウェアとともに、途方もない意志の力、集中力そしてスキルを要求されることに変わりはありません。 また、他のスポーツと同じように、チームを波に乗せプレイに集中させるには偉大なマネージャーの存在が欠かせません。​

​Finlay Stewartはそんなマネージャーのひとりです。彼は競技会で常に上位に入るFnaticのLeague of Legends(LoL)チームのマネージャーです。 優れたeSportsチームを率いるのに必要なもの、そしてチームを競技会で常に勝利させる方法についてFinlay氏に尋ねました。

Fnaticに約18ヶ月勤務し、その過程でビジネス開発にも携わった彼は、チームがうまく機能するためには何が必要かを知っています。 Finlayは1年間チームを直接指導し、スキルとチームプレイを磨くために必要な訓練を個々人のプレーヤーに合わせて施してきました。 大変な仕事ではありますが、Finlayは素晴らしい成果をあげています。 

もちろん、努力がステージ上で花開き、成功を収める瞬間を求めています。 去年はチームのパフォーマンスという点ではあまり成果を上げられませんでしたが、すべてをかけたチームがよい成績を収めるのを見るのはとても良いものです。 それに、プレーヤーが感謝してくれる時がとても嬉しいのです。 わたしの仕事はほとんどが縁の下の力持ち的なものですが、結局のところ一番重要なものでもあるのです。 すべての人が体験できるわけではありませんが、チームがよい成績をあげるとやはりとても気分がいいですね。」 

しかし、ハイレベルなeSportsはいつもスムーズに事が運ぶわけではありません。 ビジネスの常で、チームのパフォーマンスを上げるためには多くの課題がマネージャーの前に立ちはだかります。特に、マネージャーという職にはさまざまな責任が伴います。 駆け出しのマネージャーだった頃、Finlayには乗り越えなくてはならないさらに多くの課題が存在しました。 

LCS (League of Legends Championship Series)の現在のマネージャー職は非常に幅広い役割を担っています。 マネージャーの中には、過度にチームに関与することを避ける人もいれば、完全にチームをコントロールしている人もいます。 2016年のスプリットが迫る中、わたしは新人でした。 基本的に言われたことをそのまま実行しただけでした。 ですが、Deilor(Fnatic League of Legendsの前ヘッドコーチ)がチームを去った時、状況が変わりました。 その時点でチームの中で最も年長のメンバーになったため、ステップアップしなければならなかったのです。 来年はさらに確固たる体制を築いて、最初からチームを適切にマネジメントしていきます。 今年は多くのことを学びました。そして昨年、自分たちが陥った不幸なシチュエーションを今後は決して繰り返しません。 これはeSportsのマネージャーとして最も重要かつ難しい課題です。 プレーヤーの時間管理だけでなく、チーム内の関係性を完全にマネジメントすること。 効果的な練習、規律、スポンサーのアピアランス、インタビュー。 効率的な時間管理。これらすべてがスムーズなチーム運営に欠かせません。」

Finlayは確実にチームのキープレーヤーを把握しつつあり、マネージャーの役割をこなしています。さらに、ロジスティクスの問題もあります。つまり、チームが最高の状態でプレーできるように設備を準備することです。 チームの使用する周辺機器やPCパーツについて尋ねると、Finlayは、LoLではプレーヤーは144 FPSでプレーするため、セッションが延長されても耐えられる信頼性と耐久性が必要であると答えました。 チームのPCが採用しているAMDパーツの魅力について尋ねると、AMDは費用対効果が高いと答えました。 

  「AMDの製造するCPUとGPUは、手頃な価格でわたしたちが必要とする性能を備えています。 AMDはLeague of Legendsなど比較的にシンプルなゲーム向けにコスト効率の良いGPUを提供していますが、プレーヤーがさらに高い次元の性能を必要とするゲームプレイを望む場合にも、AMDにはそれに応えてくれる素晴らしい製品があります。」

さらに、彼はプレーヤーのセットアップの詳細を教えてくれました:

    • AMD FX™ 8370 CPU
    • MSI Radeon™ R9 390X GPU
    • 2x8GB DDR-1866 メモリー 
    • 250GB SSD
    • Fnatic Gear Rush キーボード
    • Fnatic Gear Flick マウスとNeonマウスパッド 
    • ZOWIE Benq 144hz

Finlayは、このセットアップはゲーム内のパフォーマンスを犠牲にすることなく非常によく機能しているので、プレーヤーのRekklesはソロキューを同時に捌き優位に立つことができる、と語っています。 AMDの未来について、LoLマネージャーとしてFinLayが最も楽しみにしていることを尋ねると、次のような答えが返ってきました。 

「新しい『ZEN』プロセッサが実際に稼働する様子を早く見たいです。」 画期的なプロセッサだとは聞いていますが、そのパフォーマンスを実際に見てみたいですね。 高性能ゲームをプレーしたい人にとって完璧なプロセッサーのようですね。LoLチームの多くのプレーヤーも同じように期待しています。」

脚注